川村工務店 トップに戻る
伝統的構法 設計と大工 自然な素材 お問い合せ


伝統構法


手間をかけて手刻み。
木の命をつなげ 生かすことのできる技。

伝統構法って何なんだろう!
私だったら、こう答えます。
私たち職人たちの先人達は、金物をつくる技術が無く、
あったとしても高価で手に入れる事も困難だった時代。
どのように木を組んだり繋いだりすることが、強く固く組むことが出来るのか、
知恵を出し実践をしてきました。
手道具の改良とともに、培ってきた大工を主とする技術が進歩的に残り、
現代までつながってきました。
最近の家づくりの技術は、木組みと言えるかどうかは疑問ですが、
工場で工業化され画一化し、大きく家づくりが変化しました。
これは、本来持っている 木の特性は無視し、
寿命の短い家づくりと変わってきました。悲しいことです。
木の成長してきた時間以上の、
命をつなげる・命を生かすことができる家づくりの工法が、
伝統構法なのです。

差し鴨居
引き合いの細工 栓道
折置き組みの差し火打ち梁
渡り顎、束押さえ込み
折置き組みの差し火打ち梁
長ホゾ込み栓打ち
二丁差し


過去を知る……先人たちのこと

建築基準法らしき法律もなにもなく、大いなる自然(地震や台風・雨や雪)と
しっかり向き合い、付き合ってきました。
家をつくる行為の中に、無理の無い工夫を重ね、
「より強く・より綺麗に」と、つくり上げてきました。

石場たて ひかり付け
(柱の足元を石成りに合わす)
足固め 土台火打ち
おお入れあり落とし
渡り顎


現在を生きる……自分たちの仕事のこと

過去の先人たちの家づくりには、工業製品のようなものは一切ありませんでした。
このことは、否定するものではありませんが、
一辺倒の家づくりには問題が多いように思います。
自然の物を使い家をつくるためには、先人の知恵に学ぶことが必要です。
特に木と木を組んでいく時、大きさや材種荷重など、
頭に入れどのように組んでいくのか、思案と判断が必要です。
さらに、綺麗に組むことが要求されます。

折置き組み 二段梁(2丁掛け) 手違いダボ長ほぞ
込み栓打ち
土台と隅柱の仕口


未来に残す……長生きする家のこと

軸組みは特に材料の選択が不可欠でしょう。
80年生きた木は、それ以上の寿命を与えられる使い方が求められます。
かまぼこ板にカットし、接着した集成材や合板が
どう考えても100年以上もつという、生きた物には思えません。
その時その時に、時代を表現する言葉が出てきますが、
惑わされることなく、しっかりとした木組みの家をつくる事が
求められていると思います。
長生きできる家は、木組みの家です。

土台と通し柱の落ち口
土台を固める
胴指(指物)の細工
引き合いとひつ
枝妻と小梁を組む
小屋束の天神ホゾ
小屋束・小梁・母屋を
込み栓で固める

川村工務店 〒527-0107 滋賀県東近江市今在家570
TEL 0749-45-3800 FAX 0749-45-3808 kikorikko@e-omi.ne.jp

© kawamura koumuten